"Re:Desining" of Satellite-based Remote Sensing

当研究室は持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)の達成に資するため、地球観測衛星のデータを利用した地球科学研究を"再デザイン"します。

A rapid InSAR analysis for the earthquakes caused on July 2019 in the south California, the U.S. / 2019年7月米カリフォルニア州南部で発生した地震に対する差分干渉SAR解析

A rapid InSAR analysis for the earthquakes caused on July 2019 in the south California, the U.S. / 2019年7月米カリフォルニア州南部で発生した地震に対する差分干渉SAR解析

A series of major eathquakes occured in the south California, the U.S., on July, 2019. This article shortly introduces a rapid result of InSAR (Interferometric Synthetic Aperture Radar) analysis related on the ground deformation caused by a series of earthquakes up to M6.4 (10:33am, July 4, 2019 EST) and M7.1 (8:19am, July 5, 2019). The whole analysis was voluntarily performed by Mr. Kuroudo Saito, a fourth-grade student belonging to our laboratory.

2019年7月、米国カリフォルニア州南部にて複数の大きな地震が発生しました。2019年7月4日午前10時33分(日本時間5日午前2時33分)ごろに発生したM6.4の地震と同月5日午前8時19分(日本時間6日午後0時19分)ごろに発生したM7.1の地震を含む一連の地震によって生じた地表面変位を把握するために、干渉SAR(InSAR: Interferometric Synthetic Aperture Radar)解析を実施しました。本記事ではその速報結果を報告します。解析は本研究室に所属する学部4年生の齊藤蔵人さんによって自発的に実施されました。

Data / 使用データ

Sentinel-1 data acquired on June 28 and July 10 in 2019 obtained from the Copernicus Open hub

2019年6月28日および2019年7月10日に観測されたSentinel-1データ2シーン(Copernicus Open hubから入手)

Master image

  • Date: 2019-06-28T09:04:36.580Z
  • ID: S1B_IW_SLC__1SDV_20190628T014958_20190628T015025_016890_01FC87_FC0D
  • Mode: IW
  • Pass direction: ASCENDING
  • Polarization: VV
  • Relative orbit: 155
  • Product type: SLC

Slave image

  • Date: 2019-07-10T01:49:59.636Z
  • ID: S1B_IW_SLC__1SDV_20190710T014959_20190710T015026_017065_0201B8_069B
  • Mode: IW
  • Pass direction: ASCENDING
  • Polarization: VV
  • Relative orbit: 155
  • Product type: SLC

Method / 解析手法

  1. A pre-quake data (June 28) as the master and a post-quake data (July 10) as the slave are used for interferogram.
    地震前画像(6月28日観測)をMaster image、地震後画像(7月10日観測)をSlave imageとして、2枚の画像から差分干渉SAR画像を作成
  2. Phase unwrapping is performed to map the scale of ground surface displacement (unit: meter) by means of SNAP provided by ESA.
    位相アンラッピングを行い、メートル単位の変位量画像を作成(解析にはESAの衛星画像解析ツールSNAPを使用)

Result / 結果

The result shows identifiable ground deformation along to the San Andreas fault which ranges from -60 to 80 cm (at the direction to the satellite orbit). It denotes major depression/uplift around the two epicenters (M6.4 and M7.1; Data Source: USGS ).

サンアンドレアス断層に沿って、衛星方向に対し約−60cmから+80cmの変位量で地殻変動が生じていることを示す結果が確認された。特にM6.4、M7.1の二つの震源(出典: USGS)を中心に沈下/隆起量が大きいことが分かる。

Fig. 1) InSAR analsysis result / 差分干渉SAR画像

Fig. 2) Phase unwrapping result / 位相アンラッピング後画像

Related articles / 関連リンク:

  1. ALOS-2 InSAR analysis performed by ARIA (Advanced Rapid Imaging and Analysis), NASA/JPL.(NASAのARIA(Advanced Rapid Imaging and Analysis)チームによるALOS-2を用いたInSAR解析)
  2. USGS Search EarthQuake Catalog

Disclaimer: All information provided from this website may be changed or deleted without notice. We pay close attention to image analysis, but since they are preliminary values, they may include errors and uncertainties. Therefore, we do not take any responsibility for any activity performed using the information on this site. Please note.

免責事項:このウェブサイトから提供される全ての情報は、予告なしに変更または消去されることがあります。画像解析には細心の注意を払っておりますが、速報値であるため誤差や不確定性を含む可能性があります。したがって当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください。

nagy

コメントを残す