衛星地球観測学

衛星地球観測学は、地球科学の知見に基づき、地球観測衛星が取得したデータを利用し、自然界の真理の探究ならびに人類の持続可能な社会構築に貢献する知見の創出を目指す学問である。20世紀以降、地球周回軌道へ多数の観測装置が投入され、地球表層の物理量や物体を客観的に計測・検証するための研究開発が進められてきた。また得られたデータをもとに地球の環境変化や人間活動の影響を捉え、様々な課題を解決する試みがされてきた。そのような衛星地球観測の基礎から最新の世界情勢までを幅広く紹介する。センサの物理的なしくみから、現代社会で衛星観測に期待されている社会的側面まで、地球観測衛星のしくみや役割についての知識・思考が深まることを目標とする。

授業の到達目標

地球観測衛星のしくみや役割についての知識・思考が深まることを目標とする

授業計画

第1回 /衛星地球観測とは?

第2回 /電磁波の物理学

第3回 /放射収支

第4回 /光学センサ

第5回 /合成開口レーダー

第6回 /デジタル標高モデル

第7回 /その他のセンサー

第8回 /画像プロダクト

第9回 /衛星画像解析

第10回 /衛星画像解析

第11回 /衛星地球観測の歴史

第12回 /衛星地球観測の現在

第13回 /衛星地球観測の運用

第14回 /衛星地球観測の実例

第15回 /まとめ

※履修者の理解度・興味関心により内容は変更となる場合があります。

教科書

随時、資料を配布する

黄色マーカーのテスト

ピンクマーカーのテスト

ブルーマーカーのテスト